スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

Posted by ミリタリーブログ  at 

デザートユニオンと森ユニオン

今日は好天にも恵まれて最高のサバゲ日和だ!到着した瞬間はそう思っていました。青い空がまぶしい。。



しかし今日の参加者はなんと4人。すいません、社員旅行と同じ日に予約してしまいました。。



とりあえずまったりと世間話をしつつ、ゲームを少しだけしようということに。
だがそこに来たユニオンのオーナーさんが「人数少なすぎるからゲームやるなら森ユニオンで定例会やってるからそっちに行けばいいよ。追加料金はとらないから」と神のお言葉。ありがたや~。とりあえず午前中適当にデザートで遊んで、午後から森に行こうということに。
日差しの強さに比例して気温もぐんぐん上昇。



フィールドに向かう足取りも心なしか重く感じる。



今日はデザートということで初のAOR1装備。とにかく暑い!!小物類などは取り付ける元気が無くて何もつけていない。あ、パッチもつけてないや。。。



最初ははしゃいでいた参加者も…



11時前には全員ダウン。いや甘く見てたわ…
そんな感じでグダグダに午前中は過ぎていった。12時過ぎてお腹がすいてきたが、森の定例会の会場を間違えて2組の方がデザートに来た以外、僕ら以外誰もいない。わ、忘れ去られてるんじゃ…最悪の展開が脳裏をよぎった。ノブジさんに連絡すると3、40分後に伺いますとのこと。暑いし腹減ったしもう無理!ということで森ユニオンに移動することにした。



いや~こっちはなんぼか過ごしやすいね。参加者は114人とのこと。うへぁ~多いなぁ!多いだけあって席がない!ということで牛丼配給所の目の前に即席の席を用意していただいた。本当にご迷惑をおかけします。が、ちょうど森ユニオンは昼食タイムだった為、場所的に他の参加者の冷たい視線が痛い・・・うう・・すみません・・・



さて森に移動してからの戦績だが、午前中にガス欠になっていたので全く動けずという有様。だけどちゃんとしたゲームが出来るというのはいいことだ。重ね重ねユニオンオーナー様と関係者の方々、そして今日の参加者の方々に感謝いたします。



8月はサバゲやめておこう。  


2010年07月17日 Posted by モホロビチッチ一郎太  at 20:25Comments(2)サバゲー

ビクトリーショー

早起きして(といっても9時過ぎ起床だが)ビクトリーショーに行ってきた。浅草線1本だから行くのは楽チンだ。10時半に着いたがすでに長蛇の列…階段が灼熱地獄だった。

そんなこんなでようやく中に入ることが出来た。1週ざざっと見て回って2周目からじっくりと各ブースを確認していった。で、結果下記の商品を購入した。



まずはビックジョンさんで購入したS&S PRECISIONのV-Lite。まさか国内でこんなに早くお目にかかれるとは思わなかった。



V-Liteはやわらかい素材で出来ており、裏側はベルクロになっている。下の写真のようにいろんな場所に取り付け可能だ。下記ページをみると青、赤、緑、IRがすでに米軍に納入されているようだ。

FBODaily



次はエアガンに貼り付けるバーコードのレプリカだ。最近ミリフォトに写っている米軍の銃にこのバーコードが貼ってあることが多かったので、今回レプリカが手に入ってうれしい。



貼るとこんな感じになる。



以前掲載したこの写真のM4にも貼り付けてある。



思えばこの写真のM4の形を追い求めてきたんだった。



というわけで最後の一品はLMTクレーンストック(TAN)。ガミーズさんで購入。ガミーズさんてよくヤフオクに出品してらっしゃる方かな?前から欲しかったアイテムだが、次世代M4にポン付けできるか不安で購入を迷っていた。だが「どうする、オレ!!」のオダズキ・ジョーさんが、取り付けには問題ないと記事に書いてらっしゃったので、安心して購入できた。会場内でヤフオク相場より安く買えたのでラッキーだ。



しかし本物を購入してわかったが、VFCのレプリカクレーンストックは良くできてる。というか本物より仕上げが良いかも。というわけでM4に取り付けてみた。



これでM4は完成形になった。長かったなぁー。
  


2010年07月11日 Posted by モホロビチッチ一郎太  at 14:48Comments(10)雑記

Fast Bump Helmet TAN

ops-coreのFast Bump HelmetのアーバンTANがヤフオクに出ていたので0.5秒熟考した後に落札した。
ほんとはfastバリスティックが欲しいんだけどなぁー。



右は以前購入したmulticamのbump



さて、よく見てみるとmulticamのモデルとは異なる箇所がいくつかある。multicamは表面がつるつる(おそらく塗装ではなくmulticamのフィルムシート?をかぶせて接着してある)だが、TANモデルは塗装のようで、表面が荒い。また、現行版(TAN)は耳の辺りにあるストラップを引っ掛けるところの黒い樹脂パーツが省かれている。




ACH Occ-Dial Liner Kit もバージョンが変わったようだ。
○で囲んだところ、前頭部のクッション部分が変更になっている。



以前のタイプより、現行タイプの方が縦幅が広くなっている。
↓これが以前(multicam)のもの。



↓こちらが現行タイプ(TAN)。



最終的には穴を埋めて見た目だけでもバリスティック化したいんだけど…厚さが2mm位しかないから厳しそう。裏あてしてやれば何とかなるかなぁ。
とりあえず来週末のデザートユニオンはこれで行ってみよう。wilcoxこっちに移すかな。wilcox G24のtanがあればPJ風にもできるな。誰かヤフオクに出品してくださーいw

もうひとつ届いたものがある。見てのとおりパチドクターサイト。当然su230に載せる為だ。



まずは付属のマウントからとりはずす。
んん?中身むき出しだぞ。本物もこうなの???なんかいやな予感が…



ぎゃぁあああ、ガイドの穴のサイズが全然違う!!!



なにこれ…



  


2010年07月08日 Posted by モホロビチッチ一郎太  at 00:05Comments(13)装備

TangoDown BGV-ITI

仕事中に中野WARRIORSさんから電話。「TangoDownのグリップ入荷しているので取りに来てください」とのこと。あれ?オレ予約したっけ?完全に忘れてた。こんなところにまで老いの影響が…クソッ。
中野といえばハンマーズに行ってみたいのだが、最初に行ったときはちょうどハートロックの日で休み、2回目は12時開店のはずなのに12時半に着いたらシャッターが下りていて入れず、と一度も入れたことが無い。

というわけで取りに行ってきた。どうやら3月くらいにすでに入荷していたらしく、それからずっと取っておいてくれていた。本当に申し訳ありません。ITIのスイッチ用はすでにQDタイプのものを持っていたのだが、忠実にblock2を再現するならこっちかな。



QDタイプと比べてみると、刻んである文字が異なる。QDタイプにはTangoDownのWEBサイトのURL、今回のものには「ATP-711 Made in USA」と書いてある。製造日による違いなのか何なのかはわからない。



さて、取り付けだ。WARRIORSの方に「これ取り付けめっちゃ大変だよ」とさんざん脅されたのだが、まさにそのとおりで、そのままだとレールに通すことすらできない。バリをヤスリで削ってなんとか通すことが出来た。が、タイト過ぎて目的の位置までずらしていくのが困難。上の写真のように割り箸を突っ込んでとめ具を押し下げた状態でレールをハンマーで叩いて押し込むことにした。



叩くこと30分。ようやく目的の位置まで移動完了。ぐらつきも無いのでいい感じだ。昔購入したkingarmsのレプリカはひどかったなぁ。作業後、M4をフル装備状態にしてパシャ。



これクソ重すぎて無理。残念ながらライトとスイッチはゲームでいらない子だなぁー。   


2010年07月03日 Posted by モホロビチッチ一郎太  at 19:05Comments(2)パーツ

プロフィール
モホロビチッチ一郎太
モホロビチッチ一郎太
気軽にフォローしてね~

オーナーへメッセージ
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 29人
< 2010年07>
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31