踏んだり蹴ったり

次回9月初旬のサバゲーに向けていろいろ問題点を修正していこうとおもう。
まずはVFCのQDサプレッサー。問題が出るまではなかなかの消音効果を発揮していたのでなんとか使えるようにしたい。
というわけで…



マルイ純正のSR16用インナーバレルに戻してみた。にょきっと飛び出てるね~。アウターがコマンドサイズなのでしゃーないね。
インナーをサプレッサー内部まで伸ばすことによって出口にぶつかるのを防ごうという寸法だ。

セミとフルで試射したが問題なし!ん~シリンダー(350mmまで対応)の容量が若干足りないかもしれないが初速を測った限りでは問題ないようだ。 まぁこれでいってみよう。なまずも入れれるようになったし結果オーライだ。あ、システマチャンバー削らないと全部おさまらないんだっけか。来週末やってみるか。

前回の記事でも触れたが、マガジンキャッチのネジをなめてしまった。ネジ山救助隊という商品を試したが残念ながら失敗。瞬間接着剤でレンチをくっつけて乾燥後に回してみたが駄目。ということでリューターでねじ山飛ばして何とかはずすことができた。リューターを使って金属に穴を開けるとき、あまりのうるささに近所から何かいわれやしないかヒヤヒヤした。

もうひとつ重大な問題があった。



ボルトストップを前回のサバゲ中になくしてしまったぁぁああああああ。ピンが硬くて途中までしか挿してなかったんだよなぁ~~。オワタ…
なおかつ、2Pコネクタから線が取れてしまった。まったく次から次に…
で、2Pコネクタから外れた線を瞬間接着剤でつなげたところ、通電しなくなってしまった。…もうやだ。
というわけでいったんコネクタから線を綺麗にはずして再度ハンダで固定した。今回はばっちり固定できたようだ。どうも銀入りハンダとシルバーコードは相性が悪いようで、カパカパ外れてたが、通常のハンダだと問題ないようだ。

とまぁいろいろあったわけだが、メタフレを買いなおした。



実は今使ってるメタフレはヤフオクで落とした中古なんだが、改めて新品のメタフレと見比べてみるとあちこちパーツが無い。こりゃボルトリリースのギミックがきちんと動かないわけだ。やれやれ…
このブログの検索キーワードをみると、「kingarms メタルフレーム」というワードで飛んでくることが多いようなので、次回は実際に組み込む様子を紹介できればと思う。あくまで思っただけなのでめんどくさがってやらないかもしれない…。
あ、そういえばDynamic TacticalからG&P用のVIS出てたな。ほしぃなぁ~。






同じカテゴリー(SR16 URX)の記事画像
スパーとんだ
配線やり直し
FET壊れた(笑)
ハイサイクル化
SR16 URXフロント固定作業
SR16 URX内部カスタム その2
同じカテゴリー(SR16 URX)の記事
 スパーとんだ (2008-09-08 00:01)
 配線やり直し (2008-07-22 02:24)
 FET壊れた(笑) (2008-07-21 03:10)
 ハイサイクル化 (2008-07-13 01:29)
 SR16 URXフロント固定作業 (2008-05-21 02:05)
 SR16 URX内部カスタム その2 (2008-05-19 20:18)

2008年08月04日 Posted by モホロビチッチ一郎太  at 02:33 │Comments(2)SR16 URX

この記事へのコメント
発売してすぐにFN刻印を買いましたが、加工なしで組むことができました。
しかし後ろの結合部分が甘くがたつきがありましたので、結合部分に紙をかませています。
ボルトストップはかかるにはかかるのですが動きが非常に渋く
チャージングハンドルの先のプラスチックのパーツを折ってしまいました
よってボルトキャッチは廃止
ホップ調整のときは手でボルトを動かす仕様にしました。

最近のロットはがたつきとかはないんでしょうかね?
Posted by M4 at 2008年08月04日 20:16
コメントありがとうございます。
ちなみに現在使用している中古URXフレームはがたつきは無かったです。
動作が渋いというのはいろんなところで報告が上がってますね。
その辺も含めて詳細なレポートが上げられればと思います。
素人の目線でのレポートになるので詳しい方が見れば噴飯物になるかもしれませんが、そのあたりは生暖かい目で見守っていただければ…。
今週前半は仕事が納品地獄(実はこれも会社からの書込み)なので更新は週末ですね。
Posted by モホロビチッチ一郎太モホロビチッチ一郎太 at 2008年08月04日 23:25
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

プロフィール
モホロビチッチ一郎太
モホロビチッチ一郎太
気軽にフォローしてね~
オーナーへメッセージ
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 29人

< 2018年06月 >
S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30