HK416途中経過

製作過程を思いっきり省いちゃってますが、ほぼほぼHK416が出来てきたのでご紹介。



後部配線にするため新宿エアボーンさんでストックパイプ基部を短く切断、それと配線の通し部分が小さかったので拡張してもらった。手持ちのバッテリー内臓型magpul CTRストックのストックパイプを使用してストックインバッテリーにした。


 


下の写真の右側のHK416を再現しようと思ったのだが、グリップが・・・STAR製のレプリカを見つけたが、刻印がないのでやめて、よくあるtangodownタイプにしてある。



リアのサイト最初どこのかわからなかったのだが、「THE中野KINGDOM」のpassionさんにご教授いただいてARMSのレプリカに。



マガジンは見ての通りemag。magpul ptsの120連タイプ。引っ掛かりもなくスムースに挿入できた。



なぜか最近のHK416にはeotech551が載っているケースが多いようなので購入してみた。





HK416自体アッパーレシーバーがいわばかさ上げ状態なので、直に取り付けてもサイティングに不都合はない。ただ、トップレールにPEQ15を載せるとやや視界に被る。



実はチャージングハンドルを引いてもボルトが開かず、HOPの調整ができない。ここだけ直さないと・・・



というわけで来週末はこの2丁でSEALSのリアカンに行くつもり。
あ、VFCからDEカラーの前後フリップアップサイトが出ていたので購入してMk18のほうに取り付けた。




ちと色が明るいかな・・




同じカテゴリー(HK416)の記事画像
HK416D&黒穴
次世代HK416D
HK416製作
同じカテゴリー(HK416)の記事
 HK416D&黒穴 (2013-01-06 05:45)
 次世代HK416D (2012-12-30 12:19)
 HK416製作 (2010-11-22 00:33)

2010年12月03日 Posted by モホロビチッチ一郎太  at 23:09 │Comments(0)HK416

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

プロフィール
モホロビチッチ一郎太
モホロビチッチ一郎太
気軽にフォローしてね~
オーナーへメッセージ
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 29人

< 2018年09月 >
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30